折坂悠太

NOTES

【OFFICIAL SITE】
http://orisakayuta.jp

平成元年、鳥取県生まれのシンガーソングライター。
幼少期をロシアやイランで過ごし、帰国後は千葉県に移る。
2013年よりギター弾き語りでライヴ活動を開始。
2014年、自主製作ミニアルバム『あけぼの』を発表。
2015年、レーベル『のろしレコード』の立ち上げに参加。
2016年には自主1stアルバム『たむけ』をリリース。
2018年1月、初のスタジオ作EP「ざわめき」をリリースする。
2018年2月より半年かけて、全国23箇所で弾き語り投げ銭ツアーを敢行し話題を集め、FUJI ROCK FESTIVAL 2018、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO、New Acoustic Campはじめ夏フェスにも多数出演、10月には2ndアルバム『平成』をリリース、CDショップ大賞を受賞するなど各所で高い評価を得る。
2019年3月29日に、最新シングル『抱擁』を発表。
2019年7月クールのフジテレビ系月曜9時枠ドラマ「監察医 朝顔」主題歌に起用。

現在は弾き語りでの独奏のほか、東京を拠点とするメンバーから成る合奏、京都を拠点とするメンバーから成る重奏の3形態で活動を行っている。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせながら、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。

 

CD INFORMATION

【折坂悠太が、フジテレビ系月曜ドラマ「監察医 朝顔」主題歌「朝顔」を配信限定リリース。気鋭の映像作家Pennackyによるミュージックビデオも公開。】

折坂悠太が主題歌をつとめている現在放映中のドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系、毎週月曜21:00放映)だが、その主題歌「朝顔」が配信限定でリリースされた。

 

東日本大震災後、母の不在と向き合う父と娘の生活を描き、何より「死」という重いテーマを扱うドラマ「監察医 朝顔」へと寄せた主題歌「朝顔」は、ピアノの伴奏から始まり、折坂のぽつりぽつりと語りかけるような歌い出しから、バンドとストリングスカルテットによる演奏が加わり、感情の起伏を駆け上がっていくようなダイナミックなサビのメロディーが印象的だ。何度も繰り返し歌われる「願う」という歌詞には、明日を希望をもって迎えられるようにという、折坂の願いが込められた楽曲となっている。
「朝顔」
2019.08.05配信リリース
配信各社URL: https://amuse-inc.lnk.to/asagao20190805

また、気鋭の若手映像作家Pennackyが監督を務めたミュージックビデオも公開。

どこかノスタルジーを感じさせる質感ながら、独特の世界観が楽しめるビデオとなっている。
「朝顔」MV

2019年10月22日(火)

タイトル

折坂悠太 弾き語りツーマンツアー “折坂悠太のツーと言えばカー2019”

アーティスト

折坂悠太
Guest : 青葉市子

公演情報

公演日時

2019年10月22日(火) OPEN PM 5:00 / START PM 5:30

座種・料金

前売4000円(税込)全席自由・整理番号付

4歳以上チケット必要
3歳以下席が必要な場合はチケット必要

 

 

 

時代と呼応しながらも独自の日本語歌唱で大きな飛躍をみせる折坂悠太。

東阪ワンマンライブも即日完売、そして月9ドラマ「監察医朝顔」主題歌への大抜擢。

今最もライブを見るべきアーティスト折坂悠太の表現の原点と言える

弾き語りライブツアーが各地ゲストを招き開催決定

 

独特な歌唱スタイルでありながら、普遍性を伴った楽曲と先鋭的な音楽的試みを取り入れたアルバム『平成』では、多くの業界関係者が称賛を寄せ、2018年を代表するアルバムとしてCDショップ大賞2019を受賞。5月に行われた東京・大阪2会場でのワンマンライブは東京追加公演含め即日完売となり、東京(合奏)、大阪(重奏)とそれぞれ異なるンバー構成でのライブも話題となった。また、フジテレビ系7月度月曜9時枠ドラマ「監察医朝顔」主題歌としても起用され、ますます注目を集めている。

そして今回、折坂の活動の原点でもある弾き語りツアーを開催することが決定した。全12公演、東京をのぞく各会場ではそれぞれゲストを招いてのツーマンライブとなる。ギター1本、折坂の真骨頂とも言える弾き語りライブの醍醐味をぜひ味わってほしい。

プレイガイド情報

SOLDOUT

PAGETOP